古物営業法-自習用 練習・過去問題-48(リユース検定)

リユースショップにおける法律上の罰則や処分について以下の空欄を埋めよ。 ◎指示・営業停止が行われる例 従業員などが【 】を携帯せずに行商をした(許可証携帯等義務違反) 従業員などが店舗や営業所、買取依頼人の住所など以外の場所で【 】を行った(古物商の営業制限違反) 従業員などが買取依頼人の【 】を行わなかった(確認等義務違反) 従業員などが【 】に関する【 】を行わなかった(不正品申告義務違反) 従業員などが【 】などへ【 】の記録をした(帳簿等記載等義務違反) 従業員などが【 】の保存などをしなかった(品触書保存等義務違反) ◎営業停止処分が行われる例 古物営業の許可を得た者の【 】が全く行われずに従業員が買取依頼人の【 】をしなかった、【 】に関する申告をしなかった、【 】などへの記載をしなかった 古物営業の許可を受けた事項に【 】が生じたが【 】を提出しなかった 古物営業の許可を得た者が、【 】を携帯せずに行商をした 古物営業の許可を得た者が、管理者になる【 】がないと知りながらその者を管理者に選任した ◎許可取消 偽りなどの【 】により許可を受けた 許可を受けている都道府県以外で営業をし【 】以上の刑に処された 【 】以上、古物営業をしていない 【 】など、古物営業法に違反した 【 】に従わなかった ◎罰則 6か月以下の懲役または30万以下の罰金 古物営業の許可を受けたものが、古物の買取時に【 】をしなかった 買取や販売の記録をした帳簿など

古物営業法-自習用 練習・過去問題-47(リユース検定)

リユースショップで買取または交換した古物が盗品や遺失物であった場合には被害者または遺失者には変換請求権が認められている。その内容として正しいものを選択せよ。 1. リユースショップが、一般人から買取または交換により入手した場合、盗難または遺失のときから1年間、被害者または遺失者は無償返還を要求できる。 2. リユースショップが、公共機関による競売で入手した場合、盗難または遺失のときから2年間は、被害者または遺失者が対価を支払ったときに限り返還すればよい。 3. リユースショップが、公共機関による競売以外の古物市場や同業者から入手した場合、盗難または遺失のときから1年以内に限り被害者または遺失者は無償返還を請求できる。商品券・図書カード・ビール券も同様の扱いとなる。 4. 積極的に不正品を申告してい場合には被害者に対して有償・無償を問わず物品を返還する必要はない。 ​ 解答 1. ×1年間→2年間 2. ○そのとおり 3. ×商品券・図書カード・ビール券はこの規定が適用されない。 4. ×積極的に不正品を申告していた場合であっても被害者は無償返還を請求できるが、被害者との同意の上代金の一部を払ってもらうことが可能になる場合がある。。 #リユース検定 #過去問題 #練習問題 #リユース営業士 #古物営業法

古物営業法-自習用 練習・過去問題-46(リユース検定)

リユースショップの営業において警察からの保管命令や立ち入り調査への対応についての記述のうち正しいものを選択せよ。 1. 品触れには普通品触れと重要品触れの2種類があり、それを受け取ったら受取日を記載し6か月間保存することや、該当商品を保持していた場合の警察への通報を義務化している。違反した場合は6か月以下の懲役または30万円以下の罰金となる。 2. 故意ではなく過失で品触れに該当する古物の届出をしなかった場合にも行政処分の対象にはなる場合がある。 3. 盗品等の疑いのある古物を30日以内の期間を定めて保管することを警察本部長などから命ずることを指止めという。 4. 警察職員が古物や帳簿などを検査し、必要に応じて質問を行う立入りおよび調査は正当な理由がある場合にのみ拒否したり忌避することができる。 ​ 解答 1. ○そのとおり 2. ○そのとおり 3. ○そのとおり 4. ×拒否したり、忌避することはできない。 #リユース検定 #過去問題 #練習問題 #リユース営業士 #古物営業法

古物営業法-自習用 練習・過去問題-45(リユース検定)

訪問購入における主な義務と禁止事項についての記述のうち誤っているものを選択せよ。 1. 取引前の氏名などの告知はもちろん、店舗以外の場所で勧誘は認められていない。また、売主となる消費者に不実のことを告げてはならず、クーリングオフなどの必要事項を告知しないこともゆるされない。 2. 高齢者や判断力に問題があると思われる消費者、あるいは取引している物品について知識や経験が乏しいと思われる消費者に乗じて勧誘をしてはいけない。 3. 売主になる消費者が訪問購入に同意したら、直ちに物品の種類や購入価格、代金の支払い方法とその時期、物品の引き渡し方法とその時期、クーリングオフについての規定、物品の引き渡し拒絶についての規定を記した書面を渡さなくてはならない。 4. クーリングオフ期間となる、8日以内に売主から引き渡しされた物品を第三者に売却した場合には、売主に対して「第三者に物品を引き渡した旨」をお知らせする必要があるが、第三者に対して通知をする必要はない。 ​ 解答 1. ○そのとおり 2. ○そのとおり 3. ○そのとおり 4. ×売主に対しては、第三者に物品を引き渡した旨、引渡しに関する事項として主務省令で定める事項を知らせる。第三者に対しては、物品の契約がクーリングオフされたこと、もしくはクーリングオフされる可能性があることを通知する必要がある。 #リユース検定 #過去問題 #練習問題 #リユース営業士 #古物営業法

古物営業法-自習用 練習・過去問題-44(リユース検定)

消費者の自宅に出向いてリユース品を買い取る訪問購入についての記述のうち誤っているものを選択せよ。 1. 訪問購入は売主となる消費者から電話やメールなどで売却や査定の連絡があった場合にのみ行うことができ、そのような依頼がない場合には「飛び込み」「押し買い」として「改正特定商取引法」で禁止されている。 2. リユース業者の訪問により物品の査定・売買契約を結んだ後でも書面契約を発行した日から8日間は無条件で消費者が撤回を求めることができるクーリングオフが認めらている。 3. 規制の対象は原則全品となるが、自動車や家具など持ち運びが容易でないもの、有価証券。映像プログラムなど規制によって流通が阻害されるものは規制の適用除外となる。 4. BtoB取引は規制を全面適用除外となり、「御用聞き取引」「常連取引」「引っ越し取引」についても全面適用除外となる。 ​ 解答 1. ○そのとおり 2. ○そのとおり 3. ○そのとおり 4. ×BtoB取引は規制を全面適用除外となるが、「御用聞き取引」「常連取引」「引っ越し取引」については部分適用除外となる。 #リユース検定 #過去問題 #練習問題 #リユース営業士 #古物営業法

古物営業法-自習用 練習・過去問題-43(リユース検定)

リユースショップが店舗以外での売買を行う場合についての記述のうち正しいものを選択せよ。 1. 行商を行うには古物営業の許可申請時に「行商をする」と届け出ておく必要があり、その届出を行えば露店で古物の買取を行うことも可能である。 2. 古物市場で仕入または販売をする、顧客の自宅で買取をする、露店を出し古物を展示即売するいずれの場合においても行商の届出が必要である。 3. 顧客からの要望があった場合に限り、営業所または買取依頼人の住所以外の場所で古物の買取または販売の委託を受けることができる。 4. ショッピングセンターでの催し物でが行商の届出をしていれば販売を行うことができるが、買取や買取の約束はできない。また買取金額を査定することもできない。 ​ 解答 1. ×露店で行うことができるのは古物の販売に限られており、古物の買取はできない。 2. ○そのとおり 3. ×顧客からの要望があった場合でも、営業所または買取依頼人の住所以外の場所で古物の買取または販売の委託を受けることはできない。 4. ×金額の無料査定は実施することができる。 補足:古物市場は許可申請時に届出た店舗や営業所以外での古物の買取・販売になるので、行商の届出をしていなければ参加できません。古物市場に参加する際には古物商の許可証、行商従業者証必ず携帯する必要がある。 #リユース検定 #過去問題 #練習問題 #リユース営業士 #古物営業法

古物営業法-自習用 練習・過去問題-42(リユース検定)

リユースショップにおける販売時に一部の物品では帳簿などへの記録が必要となる場合がある。記録しておく事項ついての記述のうち正しいものを選択せよ。 1. 帳簿への記載項目として販売年月日・古物の品名および数量、古物の特徴を記録しておく必要がある。 2. 販売相手の住所、氏名、年齢、職業を記録しておく必要があるが身元確認は不要である。 3. ねじ・ボルト、ナット、コードその他の汎用性部品については販売総額にかかわらず帳簿への記録が必要である。 4. 自動車を販売した場合には、販売相手の住所、氏名、年齢、職業を記録しておく必要がある ​ 解答 リユースショップにおける販売時に一部の物品では帳簿などへの記録が必要となる場合がある。記録しておく事項ついての記述のうち正しいものを選択せよ。 1. ×販売年月日・古物の品名および数量、古物の特徴、販売相手の住所、氏名、年齢、職業を記録しておく必要がある。 2. ○正しい 3. ×ねじ・ボルト、ナット、コードその他の汎用性部品については販売総額1万円以上の場合のみ記録が必要。 4. ×自動車を販売した場合には、販売相手の住所、氏名、年齢、職業等の記録は不要 #リユース検定 #過去問題 #練習問題 #リユース営業士 #古物営業法

古物営業法-自習用 練習・過去問題-41(リユース検定)

リユースショップにおける販売実務における注意事項についての記述のうち誤っているものを選択せよ。 1. 原則として顧客の身元確認や帳簿などへの記録は不要だが、自動二輪車・原動機付自転車や1万円以上にて販売をした時計宝飾品類、美術品類、自動車については記録が必要となる。 2. 記録として認められるのは、買取時と同様の様式の帳簿であるが、記録の保管は1年間すればよい。 3. 顧客からの下取が買取にあたる場合には、品物の査定や年式型番によって個別に価格を付けた場合が該当し、一律の価格や無償での引取は該当しない。 4. 顧客からの下取が買取にあたる場合には身元確認や帳簿記録が必要になる。また無償で引き取った品物は販売することができる。 ​ 解答 1. ○そのとおり 2. ×1年間→3年間 3. ○そのとおり 4. ○そのとおり #リユース検定 #過去問題 #練習問題 #リユース営業士 #古物営業法

古物営業法-自習用 練習・過去問題-40(リユース検定)

リユースショップでの販売時には原則として顧客の身元確認および帳簿への記録は不要であるが、例外として帳簿への記載が必要となる場合がある。その物品として誤っているものを選択せよ。 1.自動二輪車および原動機付自転車で1万円未満で販売したもの 2. 時計・宝飾品類で、1万円以上で販売したもの。 3. 美術品類で、1万円未満で販売したもの。 4. 自動車(部品を含む)で、1万円以上で販売したもの。 ​ 解答 1.○正しい。金額にかかわらない。 2. ○正しい。 3. ×美術品は1万円以上で販売したものが対象。 4. ○正しい。 #リユース検定 #過去問題 #練習問題 #リユース営業士 #古物営業法

古物営業法-自習用 練習・過去問題-39(リユース検定)

インターネットを利用した営業にて買取依頼人の身元を確認する方法について以下の空欄を埋めよ。 買取依頼人から【 】を送信してもらう 【 】および【 】を押印した書面を送付してもらう 【 】を送付し到達確認後、古物を送付してもらう 【 】などで代金を送金する 【 】などを送付してもらい、その記載住所宛てに【 】などを転送不要扱いで送付し到達を確かめる 住民票の写しなどを送付してもらい、そこに記載された【 】に代金を入金する 身分証明書・運転免許証・健康保険被保険者証など【 】のコピーを送付してもらい。そこに記載された住所宛てに簡易書留などを転送不要あつかいにて送付し到達確認後に【 】に代金を入金する。 最初の取引で本人確認を行った場合の2回目以降の買取では【 】・【 】などの送信をうけることになどにより買取依頼人を確認しても構わない。 ​ 解答 買取依頼人から【電子署名付電子メール】を送信してもらう 【印鑑登録証明書】および【登録印鑑】を押印した書面を送付してもらう 【本人限定受取郵便】を送付し到達確認後、古物を送付してもらう 【本人限定受取郵便】などで代金を送金する 【住民票の写し】などを送付してもらい、その記載住所宛てに【簡易書留】などを転送不要扱いで送付し到達を確かめる 住民票の写しなどを送付してもらい、そこに記載された【本人名義預貯金口座】に代金を入金する 身分証明書・運転免許証・健康保険被保険者証など【身元確認書類】のコピーを送付してもらい。そこに記載さ

古物営業法-自習用 練習・過去問題-38(リユース検定)

インターネットを利用した営業で宅配を使用して非対面で買取を行う場合の基本事項ついての記述のうち誤っているものを選択せよ。 1. 身元確認書類は原本以外にも、身元確認書類をデジタルカメラで撮影したもの、スキャナで読み込んだもの、またはそれらをプリントアウトしたもので、明瞭である場合に限り認められる。 2. 宅配などを利用する非対面買取の場合には、本人の身元が確認できれば取引の帳簿への記録は必要ない。 3. 到達確認の方法は送付した本人限定受取郵便や、送付した受付番号などを買取依頼人に電話や電子メールで連絡させる方法などがある。 4. 身元確認資料としての住民票の写しとは市区町村で発行された原本をさし、そのコピーを使用することはできない。 ​ 解答 インターネットを利用した営業で宅配を使用して非対面で買取を行う場合の基本事項ついての記述のうち誤っているものを選択せよ。 1. ○そのとおり 2. ×宅配などによる非対面買取の場合でも、対面での買取と同様の身元確認と帳簿などへの記録が必要となる。 3. ○そのとおり 4. ○そのとおり #リユース検定 #過去問題 #練習問題 #リユース営業士 #古物営業法

古物営業法-自習用 練習・過去問題-37(リユース検定)

インターネットで営業を行うリユースショップについての記述のうち誤っているものを選択せよ。 1. 「許可を受けている表示」は古物の情報を掲載する個々のページに行うのが原則であるが、トップページのみの表記、またはトップページからリンクする方法でも構わない。 2. 古物の買取販売を行うホームページには許可を受けているものの名前・名称、許可を受けている公安委員会の名称、許可証の番号を記載する必要がある。 3. 古物商がインターネットオークションに出品する場合には固有のURLは存在しないが、インターネット店舗としての届け出は必要となる。 4. ホームページには営業所の場所や営業時間など店舗情報のみを記載する場合で、非対面の買取・販売を行わない場合にはURLの届出は必要ない。 ​ 解答 1. ○そのとおり 2. ○そのとおり 3. ×インターネットオークションに出品する場合には届出は必要ない。 4. ○そのとおり #リユース検定 #過去問題 #練習問題 #リユース営業士 #古物営業法

古物営業法-自習用 練習・過去問題-36(リユース検定)

リユースショップでの営業のうちインターネットを利用した営業について記述した以下のうち正しいものはどれか選択せよ。 1. 店舗で営業をしているリユースショップが新たにインターネットモールに出店する場合には届け出は必要ない。 2. インターネットを利用した取引にはホームページで買取依頼を受けるだけの場合も、古物を販売するだけの場合も該当することはもちろん、店舗の案内をだけをする場合も含まれる。 3. インターネット営業を開始する場合にはホームページのURLを記載する、また新たにインターネット営業を開始するためには開始後14日以内に変更届出書を提出する必要がる。 4. すでにインターネット営業を行っているホームページのURLを変更した場合、14日以内に変更届出書を提出するが、ホームページを閉鎖した場合には変更届は必要ない。 ​ 解答 ×古物許可申請書にインターネット営業を開始する旨とホームページのURLを記載することにより届出る。 ×古物の情報を掲載せずに店舗の案内だけをする場合にはインターネットを利用した営業の届出をする必要はない。 ○そのとおり ×ホームページを閉鎖した場合にも変更届が必要となる。 #リユース検定 #過去問題 #練習問題 #リユース営業士 #古物営業法

古物営業法-自習用 練習・過去問題-35(リユース検定)

コピー品・模造品・偽造品の取扱についての記述のうち誤っているものを選択せよ。 1. 許諾の無いプレインストール販売や偽ブランド商品やレプリカなどの商標を不正に使用した商品は偽物・模造品に該当する。 2. 明らかに偽物・模造品であると確信が持てない場合は買い取らず、警察に通報する。また疑わしいときは真正品を判断できる人に鑑定してもらう。 3. 偽物や模造品の販売は知的財産権の侵害にあたり、古物営業法だけには限らず、商標法、不正競争防止法違反に問われる。 4. 偽物であると知りながら販売をした場合には詐欺罪にあたり5年以下の懲役となり、物品を買った人には代金返還や損害賠償をしなくてはならない。 ​ 解答 1. ○そのとおり 2. ○そのとおり 3. ○そのとおり 4. ×5年以下→10年以下 #リユース検定 #過去問題 #練習問題 #リユース営業士 #古物営業法

古物営業法-自習用 練習・過去問題-34(リユース検定)

リユースショップは以下のような場合に盗品を疑う必要がある。以下の空欄を埋めよ 新品、【 】であり使った様子がない 製造番号、【 】が消されたりはがされたりしている パソコンのアダプターなど【 】がない ついているネームやイニシャルが【 】と違う 【 】やギャランティーカードがない高価な時計や宝飾品、ブランド品 【 】が入ったままのカメラ データが残ったままの【 】 商品札や【 】がついたままのもの 【 】で包装されたままの本やCD、ゲームソフト 解答 新品、【最新機種】であり使った様子がない 製造番号、【シリアルナンバー】が消されたりはがされたりしている パソコンのアダプターなど【付属品】がない ついているネームやイニシャルが【買取依頼人】と違う 【保証書】やギャランティーカードがない高価な時計や宝飾品、ブランド品 【フィルム】が入ったままのカメラ データが残ったままの【パソコン】 商品札や【タグ】がついたままのもの 【ビニール】で包装されたままの本やCD、ゲームソフト #リユース検定 #過去問題 #練習問題 #リユース営業士 #古物営業法

古物営業法-自習用 練習・過去問題-33(リユース検定)

リユースショップが注意する必要がある買取依頼人の説明について以下の空欄を埋めよ 青少年が【 】を大量にもちこむ そわそわして買取依頼品の【 】や【 】がわからない 買取依頼をしたカメラやパソコンの【 】がわからない 【 】な物品の買取依頼をする 【 】を何点も持ってくる 【 】でありながら頻繁に買取依頼にくる 車で来店をしながら、身元確認に【 】以外の身分証を呈示する 同伴者が店外で待機し、【 】や【 】を警戒しているようである 【 】をとにかく急いでいる。 【 】あるいは【 】に買取依頼をする 元の値段と比べて【 】でもかまわず早く換金したがる 提示した運転免許証などの写真と【 】である 【 】に酷似している 解答 青少年が【新品】を大量にもちこむ そわそわして買取依頼品の【購入場所】や【購入価格】がわからない 買取依頼をしたカメラやパソコンの【操作方法】がわからない 【身分不相応】な物品の買取依頼をする 【同一商品】を何点も持ってくる 【個人】でありながら頻繁に買取依頼にくる 車で来店をしながら、身元確認に【運転免許証】以外の身分証を呈示する 同伴者が店外で待機し、【通報】や【警察官】を警戒しているようである 【売却】をとにかく急いでいる。 【開店直後】あるいは【閉店間際】に買取依頼をする 元の値段と比べて【安価】でもかまわず早く換金したがる 提示した運転免許証などの写真と【別人】である 【手配被疑者】に酷似している #

古物営業法-自習用 練習・過去問題-32(リユース検定)

依頼者より買取を依頼された品物が不正品である可能性がある場合の行動について正しいものはどれか選択せよ。 1. 不正品の申告については義務ではないため、通報を怠ったとしても営業取消・許可取消などの処分をうけることはない。 2. 買取依頼をされた品物が不正品である可能性があると判断した場合にはその翌日中までに警察に通報する必要がある。 3. 通報先は地元警察署の刑事課盗犯捜査係で、緊急を要する場合には110番通報を使用する。 4. 不正品の疑いがある場合には即座に対応する必要があるため、依頼人の目の前であったとしても110番通報などを活用して通報する。 解答 1. ×不正品の申告は義務 2. ×翌日中→直ちに 3. ○緊急を要する場合には110番通報を使用する。 4. ×なるべく依頼人の目には触れない場所で通報する。 #リユース検定 #過去問題 #練習問題 #リユース営業士 #古物営業法

古物営業法-自習用 練習・過去問題-31(リユース検定)

リユースショップでの買取り時に発生した帳簿や身分証明書などの取扱についての記述のうち誤っているものを選択せよ。 1. 保管していた記録を紛失した場合には店舗を所轄する警察に6か月以内に警察に届け出る必要がある。届出をしない場合には懲役6か月以下、30万円以下の罰金となる。 2. 古物の買取を記録した帳簿や伝票などは3年間店舗などに記録しておく必要がある。 3. コンピュータ入力によってデータを保存する場合には必要時に印刷できる機器をそろえる必要がある。 4. 取引伝票を順に綴じ合わせ、すぐに取り出せる場所に保管をしておく必要がある。また本社でデータ管理をする場合には店舗側に印刷をできる機器を備える必要がある。 解答 リユースショップでの買取り時に発生した帳簿や身分証明書などの取扱についての記述のうち誤っているものを選択せよ。 1. ×6か月以内に→直ちに 2. ○そのとおり 3. ○そのとおり 4. ○そのとおり #リユース検定 #過去問題 #練習問題 #リユース営業士 #古物営業法

古物営業法-自習用 練習・過去問題-30(リユース検定)

リユースショップが買取依頼を受ける際に作成する帳簿についての記述のうち誤っているものを選択せよ。 1. 古物営業法第十七条第1項に記載の別記様式第15号、16号の様式で保存することができる。 2. 帳簿に準じる伝票として記載するべき事項を取引の順に記載できるものであれば代替できる。 3. 取引伝票に類する書類で記載するべき事項を取引ごとに記載できていればよい。 4. 記載されるべき事項が網羅されていてもコンピュータ入力されたものは帳簿として認められない。 解答 リユースショップが買取依頼を受ける際に作成する帳簿についての記述のうち誤っているものを選択せよ。 1. ○そのとおり。 2. ○そのとおり 3. ○そのとおり。 4. ×POSシステムも含めて、記載するべき事項が網羅されていればコンピュータ入力も認められる。 #リユース検定 #過去問題 #練習問題 #リユース営業士 #古物営業法

古物営業法-自習用 練習・過去問題-29(リユース検定)

リユースショップが買取依頼を受ける際に作成する帳簿の内容について記述した以下のうち正しいものを選択せよ。 1. 取引年月日は記載する必要がない。 2. 書籍を1回の取引で複数買い取る場合は、主要な書籍1点の名称を記載し、その他はまとめて記載することができる。 3. 古物の特徴についてはシリアルナンバーより判断することができるため、色・形状・模様などは記載する必要がない。 4. 記載するのは身元確認の方法のみで実際の身元確認書類のコピーは一緒に保管してはならない。 解答 リユースショップが買取依頼を受ける際に作成する帳簿の内容について記述した以下のうち正しいものを選択せよ。 1. ×取引年月日を記載する必要がある。 2. ○そのとおり 3. ×シリアルナンバーに加えて、色・形状・模様・キズなど他の同種の物と区別できるように記載する。 4. ×身元確認資料のコピーなどを一緒に保管してもよい。 #リユース検定 #過去問題 #練習問題 #リユース営業士 #古物営業法

Copyright © 2017 Smile Factory ALL Rights Reserved

Follow Us
  • Facebook Black Round