• utakashi2013

古物営業法-自習用 練習・過去問題-10(リユース検定)


「古物の区分」(施工規則第2条)に関する次の記述のうち誤っているものを選択せよ。

1. 古物は古物営業法によって13種類に分類されている。

2. 古物営業の許可を申請する際には取り扱う古物の区分を届出する必要がある。

3. 区分の違う物品を新たに扱う場合や、変更した場合は7日以内に公安委員会に届出を行う必要がある。

4. 鑑賞的美術品や商品券・乗車券・郵便切手・航空券・収入印紙などの商標類は古物に含まれる。

解答

「古物の区分」(施工規則第2条)に関する次の記述のうち誤っているものを選択せよ。

1. ○そのとおり

2. ○そのとおり

3. ×7日以内→14日以内

4. ○そのとおり

#リユース検定 #過去問題 #練習問題 #リユース営業士 #古物営業法

263回の閲覧

Copyright © 2017 Smile Factory ALL Rights Reserved

Follow Us
  • Facebook Black Round

株式会社スマイルファクトリー

住所:神奈川県川崎市高津区久本3-16-19

電話番号:080-3349-3061

Email:admin@smilefactory-reuse.com

​LINE:smilefactory001