• utakashi2013

古物営業法-自習用 練習・過去問題-36(リユース検定)


リユースショップでの営業のうちインターネットを利用した営業について記述した以下のうち正しいものはどれか選択せよ。

1. 店舗で営業をしているリユースショップが新たにインターネットモールに出店する場合には届け出は必要ない。

2. インターネットを利用した取引にはホームページで買取依頼を受けるだけの場合も、古物を販売するだけの場合も該当することはもちろん、店舗の案内をだけをする場合も含まれる。

3. インターネット営業を開始する場合にはホームページのURLを記載する、また新たにインターネット営業を開始するためには開始後14日以内に変更届出書を提出する必要がる。

4. すでにインターネット営業を行っているホームページのURLを変更した場合、14日以内に変更届出書を提出するが、ホームページを閉鎖した場合には変更届は必要ない。

解答

  1. ×古物許可申請書にインターネット営業を開始する旨とホームページのURLを記載することにより届出る。

  2. ×古物の情報を掲載せずに店舗の案内だけをする場合にはインターネットを利用した営業の届出をする必要はない。

  3. ○そのとおり

  4. ×ホームページを閉鎖した場合にも変更届が必要となる。

#リユース検定 #過去問題 #練習問題 #リユース営業士 #古物営業法

295回の閲覧

Copyright © 2017 Smile Factory ALL Rights Reserved

Follow Us
  • Facebook Black Round