• utakashi2013

古物営業法-自習用 練習・過去問題-38(リユース検定)


インターネットを利用した営業で宅配を使用して非対面で買取を行う場合の基本事項ついての記述のうち誤っているものを選択せよ。

1. 身元確認書類は原本以外にも、身元確認書類をデジタルカメラで撮影したもの、スキャナで読み込んだもの、またはそれらをプリントアウトしたもので、明瞭である場合に限り認められる。

2. 宅配などを利用する非対面買取の場合には、本人の身元が確認できれば取引の帳簿への記録は必要ない。

3. 到達確認の方法は送付した本人限定受取郵便や、送付した受付番号などを買取依頼人に電話や電子メールで連絡させる方法などがある。

4. 身元確認資料としての住民票の写しとは市区町村で発行された原本をさし、そのコピーを使用することはできない。

解答

インターネットを利用した営業で宅配を使用して非対面で買取を行う場合の基本事項ついての記述のうち誤っているものを選択せよ。

1. ○そのとおり

2. ×宅配などによる非対面買取の場合でも、対面での買取と同様の身元確認と帳簿などへの記録が必要となる。

3. ○そのとおり

4. ○そのとおり

#リユース検定 #過去問題 #練習問題 #リユース営業士 #古物営業法

0回の閲覧

Copyright © 2017 Smile Factory ALL Rights Reserved

Follow Us
  • Facebook Black Round