• utakashi2013

古物営業法-自習用 練習・過去問題-4(リユース検定)


古物営業法第2条第2項で定義される「古物営業」について説明した以下の記述のうち誤っているものを選択せよ。

1. 古物営業には古物商(1号営業)、古物市場・古物市場主(2号営業)、古物競りあっせん業・古物競りあっせん業者(3号営業)の3つがある。

2. 古物競りあっせん業はインターネットオークションを利用して古物のオークションを提供する営業のこと。

3. 古物営業における一号営業、二号営業、三号営業ともに公安委員会への許可制となっている。

4. 古物を買取レンタルする行為は古物営業にあたる

解答

1. ○その通り

2. ○その通り

3. ×一号営業、二号営業は許可制だが三号営業は公安委員会への届出制となっている。

4. ○古物を買取レンタルする行為は古物営業にあたる

#リユース検定 #過去問題 #練習問題 #リユース営業士 #古物営業法

277回の閲覧

Copyright © 2017 Smile Factory ALL Rights Reserved

Follow Us
  • Facebook Black Round